SPICE用回路図エディタ

SPICE用回路図エディタ(キャプチャー)は、フリーで半導体向けにはなかなかいいものがなかったのですが、GLADEというフリーのレイアウトエディタに回路図エディタが内蔵されていたので、試しに回路図を入れてみました。

PDKはAPDKというものを用いています。これは欧米の大学系の 2.5um 1P2M PiP CMOS technology (CNM25) というプロセスです。なんとなく完全差動オペアンプのコア部分を入れています。まあまあなインターフェイスですね。バクならければ(苦笑)

これでNETLISTが出ればSPICEでシミュレーションできます。結果は以下のようなネットリストができました。いい感じです。

.SUBCKT opa200103a VCMFB VDD VIP VIN IREF VSS VOUTP VOUtN
*.PININFO VCMFB:B VOUTP:O VOUtN:O VDD:B VIP:I VIN:I IREF:B VSS:B mI13 n6 IREF IREF n6 cnm25modp w=40u l=10u m=1
mI11 n6 IREF n1 n6 cnm25modp w=40u l=10u m=1
mI7 n13 n15 VOUTP VDD cnm25modp w=20u l=3u m=4
mI14 n1 n1 VSS VSS cnm25modn w=20u l=5u m=1
mI1 n8 VIP n12 VSS cnm25modn w=20u l=3u m=16
mI9 VOUTP VCMFB VSS VSS cnm25modn w=20u l=5u m=4
mI4 n6 n10 n8 n6 cnm25modp w=40u l=10u m=8
mI16 n5 n4 n4 n6 cnm25modp w=20u l=3u m=1
mI2 n13 VIN n12 VSS cnm25modn w=20u l=3u m=16
mI12 n6 IREF n5 n6 cnm25modp w=40u l=10u m=1
mI15 n4 n1 VSS VSS cnm25modn w=20u l=5u m=1
mI5 VDD n10 n13 VDD cnm25modp w=40u l=10u m=8
mI8 n0 VCMFB VSS VSS cnm25modn w=20u l=5u m=4
mI0 n12 n1 VSS VSS cnm25modn w=20u l=5u m=8
mI6 n8 n15 n0 VDD cnm25modp w=20u l=3u m=4
.ENDS

フリーできるなんて素晴らしいですね。北九州大学のCMOS試作のプロセスのほうもどうなるのかなーと興味がわきますが、引き続きCMOSプロセス用レイアウトもできるか検証していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です